顧客を育てるネット集客術

オフィス

認知から購入までの流れ

マーケティングの手法として従来盛んに行われてきたのは、テレビや新聞・雑誌といった既存メディアへのCM・広告やDM等の印刷物でした。インターネットの普及に伴ってバナー広告やメール広告なども発達しましたが、それら従来型のネット広告はDMなどと同様にユーザーから敬遠されがちです。多くの消費者は知りたい情報をネット検索やブログ・SNSから効率的に得ており、従来型のマーケティングが通用しにくい時代となりつつあるのです。そんな新潮流をうまく利用して潜在顧客に自社製品を認知してもらい、購入からリピーター育成へとプロセスを進める一連の手法があります。1つ1つの手法は単独でも利用されていますが、それらを巧みに組み合わせることでインバウンドマーケティングとしての高い効果を発揮しているのです。従来型のアウトバウンドマーケティングをプッシュ戦略とすれば、インバウンドマーケティングの開始時点ではプル戦略と言えます。インバウンドマーケティングはまず潜在的な顧客層に対して自社製品の情報を広く発信し、認知力を高めることから始まります。そのための手法としては情報拡散力を持つSNSやSEO対策を施したブログの他、リスティング広告なども効果的です。認知過程で自社製品に興味を抱いたユーザーに対しては、より詳しい情報を伝えるために電子書籍やホワイトペーパー・メルマガといったメディアが使われます。他社製品との比較検討段階では製品紹介動画や導入事例・お客様の声といった具体的情報に加え、安さを売りにする場合は価格表なども購入の決め手となるのです。購入後も会員向けサービスやカスタマーサポートを通じてリピート購入を促し、優良顧客を育成していくことでインバウンドマーケティングは完結します。このようなマーケティング手法を研究しているコンサルティング会社では、クライアント企業ごとに最適なインバウンドの仕組みを考案しているのです。