オフィス

顧客を育てるネット集客術

最近ではDMやバナー広告といった従来型広告手法と比べ、インバウンド型マーケティングが優位となっています。ブログやSNS等を活用し、潜在顧客に自社製品を認知してもらうことからインバウンドの手法は開始されます。電子書籍やメルマガ・動画なども効果的に使って検討段階をクリアすれば、購入段階へと導けるのです。

常連客を確保する

お酒

コンセプトを明確にする

バーは、夜の飲食店の一つです。繁華街ではすでに成熟市場になっている事もあり、新しい店ができても次々と廃業してまた新しい店ができるほど入れ替えが激しい業界でもあります。集客ができなければ、経営は追い込まれます。その中でも長続きしている店も存在します。その違いはバーにおける経営方法をしっかりと認識しているからなのです。バーは単純にお酒を提供する店であると考えているのでは店を長続きすることはできません。顧客のニーズが変化してもバーへ来店する人のニーズは基本的に同じなのです。これを上手に利用することで経営を改善することは可能なのです。まずはコンセプトを明確にすることです。どの店でも同じような雰囲気である事は否定できません。そのため、新しい店に行きたくなるのが顧客の心境です。これを打破するコンセプトづくりが大事になります。ブランドなどに勝負しても勝つことはできません。何をコンセプトとして商品を提供するのかによってイメージが先行するようになります。これが集客へと結びつくポイントになるのです。コンセプトはリピーター集客へと結びつきます。バーの経営を支えるのは常連客といわれるリピーターの存在です。リピーターを増やすことで安定した収益を獲得することができるようになります。リピーターの口コミはSNSなどのインターネットを介した情報ツールで拡散します。そしてさらに集客アップへとつながるのです。このスパイラルを戦略として取り入れることが大事なのです。

施術

いま人気の職業と資格

スポーツジムや高齢化による介護ホームやリハビリステーションの増加によって、柔道整復師の需要は高まりつつあります。柔道整復師の資格があれば、整骨院の開業だけではなくインストラクターやスポーツトレーナーなど、幅広い専門分野で開業を目指すこともできます。

スーツの女性

起業先として人気が高い

インドネシアは日本からも進出している企業が多く、人口の多さなどもあって世界的にも進出先として注目が集まっているエリアです。そのため最近ではコンサルティング企業の数も増えており、実績の高い会社も多くなってきています。